安目茶

安目茶
安目茶
安目茶
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 安目茶
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 安目茶
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 安目茶
通常価格
¥3,300
販売価格
¥3,300
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込

 パソコン画面の見過ぎによる目の疲れや、更年期以降の「かすみ目」という症状は、言うまでもなく、現代になってからみられるようになった現代病です。そのため、日本にあるツムラなどの昔の漢方薬には、目の薬というものがあまりありません。そのため、当院では安目茶を目のつかれや充血、ストレス性の頭痛に対して作成しました。


 目は肝と腎の影響を受けます。ストレスで肝に負担がかかったり、加齢や遅い睡眠による腎虚になると、目が疲れ、飛蚊症や白内障といった目の病になります。また幼少期の仮性近視も陰虚肝気鬱結によるものです。


 安目茶は、杞菊地黄丸(コギクジオウガン)という目の薬にも含まれる「枸杞(クコ)」の実と、「菊の花」による肝と腎を滋養して、明目作用を持ちます。そこに合歓皮・竹葉・薄荷の清肝作用が合わさることで、ストレスを軽減します。腎虚をより補いたい場合には、87六味丸7八味地黄丸107牛車腎気丸などのいずれかを併用することで、枸菊地黄丸と同じ効能になります。


 菊花は頭痛・目の充血にも効能があり、ストレスが原因の頭痛を改善します。パソコン仕事の多い日などは、朝から安目茶をタンブラーに入れて仕事をすると、安眠作用もあり、ストレスも目のつかれもたまらなくなります。


内服方法▶



<構成生薬>

枸杞(クコ)菊花(キクカ)薄荷(ハッカ)合歓皮(ゴウカンヒ)竹葉(チクヨウ)

 

 

解説ページへ▶