診察が必要な漢方と診察無しで購入できる漢方の違いはなんですか?

当サイトでは、患者様からの詳細な問診がなくても処方できるような漢方薬が販売されています。副作用が出たとしても、それほど強い副作用が出ないものを販売しています。

 

 つゆくさ医院の医師が診断し、処方する多くの漢方薬は、保険制度の適応されている範囲内の漢方薬です。また、つゆくさ医院では、より詳細な診察があるため、処方される漢方薬も、より薬効が狭く、強めの漢方薬を、その量も多めにして処方しています。

こちらで購入できるネット診断で処方される漢方薬は、そこまで強くないけど、健康食品と分類される薬草よりも、明らかな効能が認められているために医薬品と分類されるような本当の薬草を用いています。

ただし、中医師の先生に師事している医師が処方をしているため、副作用が起こりにくく、ジワジワと効果を発揮するような配合と量による自整茶を調整して販売させていただいております。

 その意味では、つゆくさ医院で処方しているような、治すための薬というよりは、お茶会で楽しむお茶のような楽しいものとしてふれあいながら、自分の状態に合わせて、ご自身の体調を振り返りながら、日々の生活の中でバランスを整える。というものだとお考えください。

 また、このサイトの漢方薬には、保険適応では認可されていない、現在の中医の方が使われている生薬も多く含まれています。保険医療制度の中では、実現できない医療もいろいろとあります。

つまり、みなさまにとって自由な選択肢が広がるという意味があります。