54 抑肝散(閲覧用)

54 抑肝散(閲覧用)
通常価格
¥2,310
販売価格
¥2,310
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込

「肝」の高ぶりを抑え

イライラなどの感情を制御しやすくなる

特に歯ぎしりや食いしばりがある体質の人

認知症にも用いられる。

 

<ポイント>

① 感情や気の流れを調整する「肝(カン)」の機能が落ちると、怒りやイライラが現れ、「抑肝散」はこの「肝」の高ぶりを抑える漢方薬。


② もともと子どもの夜泣き、疳(カン)の虫に使われていた薬で、大人の神経症状、特に高齢者の認知症(記憶の長さが短くなる状態)に伴うイライラの改善にも使われる。


③ 体力は中程度で、怒りっぽい、興奮しやすい、イライラする人に用いられ、特に歯ぎしりや食いしばりがある体質の人に用いられる。


④ 子どもの夜泣き、かんしゃく(神経過敏)や、けいれん・幻聴・幻覚などにも用いられる


⑤ 認知症や集中治療室や入院でのせん妄状態にも用いられ、すぐ怒る症状の改善に効果がある。


⑥ 肝の不調が長引くと、気の流れが悪くなり、気滞(キタイ)という症状を伴うことがあり、その際には半夏と陳皮を加えた83番を用いる。


 気滞:のどのつまり、お腹の張り、ガス、不安、食欲不振、痰・咳など流れが悪いなどの症状。長期化すると舌には膩苔(ジタイ)という厚い苔が付着することもある.

 

 

<配合生薬>

当帰(トウキ)、 釣藤鈎(チョウトウコウ)、川芎(センキュウ)、蒼朮(ソウジュツ)、茯苓(ブクリョウ)、柴胡(サイコ)、甘草(カンゾウ)

 

 

 

 

このページは閲覧専用です。

 

こちらの製品は医薬品のため、お求めになるには医師の診察が必要です。

 

初めての方はトップページの「つゆくさ医院を受診したことのない方」より、当サイトをご利用されたことのある方(医師の診察を受けたことのある方)は「医師の面接をすでに受けられている方」よりお手続きをお願いいたします。