45 桂枝湯(閲覧用)

45 桂枝湯(閲覧用)
通常価格
¥2,090
販売価格
¥2,090
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込

からだが弱い虚証の人の風邪の初期

 

鼻水とくしゃみの症状にも用いる


風邪が長引いてじんわりと汗をかく状態にも用いる


 


<ポイント>


①  主薬の桂枝は麻黄より辛温解表作用がマイルドで、発汗を助長しすぎず、芍薬によって津液を補っているため、虚証の人にも長く使える。そのため普段から汗をかきやすい虚証の人にも長く使える。


② 「葛根湯」と違い、体力がなかったり、胃腸が弱かったり、あるいは日頃から疲れやすくかぜをひきやすいなど、病気を体の外へ追い出す力が弱い「虚証」の人や高齢者に向く薬。風邪が長引いて体力がない時にも良い。


③ 頭痛、寒気、発熱(主に微熱)、のぼせ、軽いうなじのこわばりや体の痛みなどの症状があり、皮膚が自然に汗ばむときに用いられます。

「虚証」の人は体温が上がらないで自然に汗をかき、熱があっても顔色が悪いことがあります。

 

 

 

<配合生薬>

桂皮(ケイヒ)、芍薬(シャクヤク)、大棗(タイソウ)、甘草(カンゾウ)、生姜(ショウキョウ)

 


 

解説ページへ▶

 

 

 

 

このページは閲覧専用です。

 

こちらの製品は医薬品のため、お求めになるには医師の診察が必要です。

 

初めての方はトップページの「つゆくさ医院を受診したことのない方」より、当サイトをご利用されたことのある方(医師の診察を受けたことのある方)は「医師の面接をすでに受けられている方」よりお手続きをお願いいたします。